<< 6月集いのお知らせ | トップページ | 7月2日(土)多賀里の駅一圓屋敷の集いのお知らせ >>
6月4日 多賀里の駅・一圓屋敷の集い
6月4日(土)の多賀里の駅・一圓屋敷の集いは、
一圓屋敷の裏山にある「多賀野鳥の森」の芹川ダムを1周(約4km)しました。



植物に詳しい中川信子さん、村長先生、野鳥に詳しい先生、地質に詳しい先生などの案内で
25種類以上の野草の世界に出会いました。

アザミ


クサイチゴ(甘いキイチゴの果実)
 

クマノミズキの葉(水を通す導管が見える)



一圓屋敷に戻って、ランチは、新トマト、新タマネギ、新ジャガをふんだんに使った料理です。

左手のお椀は一見味噌汁のように見えますが、トマトのうまみと酸味が絶品の冷たい
和風ミネストローネ(野菜スープ)です。
右手のご飯は古代米(赤米)、プレートの上は、新ジャガの素揚げ、
野菜の各種天ぷら、グラタン風ラタトゥイユ、トマト、サラダ。
奥の皿に少ししか見えていませんが、メロン、パプリカ、玉ねぎ、キュウリなどの漬物と甘酢漬。

軽い食感。なのに絶妙なうまみ。これが800円?! 
さすが農家レストランのメニュー部門で全国1位、農林水産大臣賞に選ばれた味。
納得しました。




一圓屋敷は、料理が最高、建物も立派(国登録有形文化財・建造物)ですが、
庭もセンスが良くて素敵です。今はサツキが満開です。

白いサツキの花にアジサイの薄紫がさわやか


主庭園は、赤いサツキにカキツバタ


次回は、7月2日(土)10:30からです。

お話は、「劇的ビフォーアフター? 日本庭園の再生に挑戦」
堀部 栄次さん(NPO法人彦根景観フォーラム副理事長)です・

一圓屋敷には、小さいながら池を備えた本格的な日本庭園があります。
平成27年7月からこの庭園の再生に取り組んでいます。繁茂した樹木の剪定、
除草、コケの除去、埋まった園路の掘り起こしなど、素人ゆえの成功も失敗もあります。
これまでの変化をたどり、日本庭園の景観技法と素人でできる日常の手入れなどを現場で紹介します。

ランチは、12時から。いよいよ夏野菜が旬を迎える季節ですね(800円)。

 
| - | 00:47 | comments(0) | - | ↑TOP
コメントする









カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
最近の記事
アーカイブ
最近のコメント
リンク
プロフィール